忘れられない時間の傍にはいつもお酒がある。

とびきりうれしいことがあったときや、大切な人とのお祝いのひとときには、少し特別な料理と香りのよい洋酒を。

悲しい出来事やつらい想い出を忘れたいときには、辛口の純米酒やきつめの焼酎。

眠れない夜の傍らには、深めのワインをゆっくり味わう。

 

私の人生の記憶は、お酒の香りとともにあります。

 

フォローする